1. Home
  2. 採用情報
  3. 教育

ファインツールの教育システム

あなたのキャリア形成をファインツールで始めよう! ファインツールには、最高のキャリア形成の可能性を秘めた仕事が沢山あります。ファインツールの充実した職業訓練プログラムは、将来プロフェッショナルとしての成功を収めるための素晴らしい基礎となります。

ファインツールでのトレーニング

全てのキャリアは、最初の一歩から始まります。ファインツールは人材育成の長い実績を持ち、将来への投資をしています。現在、様々な拠点で、80人の若者に教育を施しています。ファインツールは、スイス、ドイツ、アメリカの様々な拠点で、技術および経営分野で、16の職業訓練プログラムを提供しています。ファインツールは、Cincinnati(アメリカ)の工場で、他の企業とは一線を画し、唯一国の認定を受けた民間企業として金型製造者を訓練し資格を与えることを許されています。

高品質のトレーニングのみならず、日々新しい挑戦が用意されています。教育期間中、高い技術を持つ指導者から集中的なサポートと励ましを受けることができます。専門技術のみならず社会的成長を促す環境を提供いたします。その結果として、才能豊かな新人が、選択した訓練コースを楽しみながら取組みつつ、学習意欲、専心、品質意識を開花させてくれることを望んでいます。

ファインツールでの職業訓練プログラムに関心をお持ちいただけましたか?まずは、ファインツールの様々な拠点で用意されている訓練プログラムの概要をご覧ください。これら訓練プログラムの受講条件は、国や地域によって異なります。もし、あなたが新卒業生であるなら、当社の見習訓練生制度について直接お問合せください。そして、あなたの希望する地域と職種を選んで、訓練プログラムを始めることをお勧めします。

Lyss – スイス

Lyssにある本社は、ファインツール最大の教育拠点の一つで、毎年教育に関心を持つ若者に幅広い訓練を提供しています。あらゆる地域から集まってくる訓練生は、良い結果を残しファインツールに残りたいと希望する場合、欠員の出た部署でアシスタントとして働くことができます。ファインツールは、スイス工業協会団体(Swissmem)と(Swissmechanic)およびBernにある構造工学エンジニアリングの訓練法人(Verband Ausbildung Konstrukteure Bern)と緊密に提携し、ファインツールで提供する訓練が最新技術標準および手法に準じているように確認しています。

職業訓練プログラム

Jona - スイス

Jonaにあるプレス製造現場では、毎年オートメーションエンジニアとしての訓練ポジションおよび、隔年ごとに構造工学エンジニアとしての訓練ポジションを提供しています。約30%の訓練生がその後もファインツールに留まり、同時に高等職業訓練校に通いつつ、パートタイムで仕事を続けています。残りの訓練生は、凡そ大学で応用化学分野での学位修得を目指して進学します。

職業訓練プログラム

Ettlingen - ドイツ

Ettlingenでは、ファインツールが唯一技術製品設計の訓練を提供しています。他の技術管理者およびメカトロニクスエンジニアについては、訓練生が研修を終えると、常に新しい訓練生が迎え入れられています。全ての職種での研修が、確立された二元的教育システムをもとに運営されています。全研修期間を通して実際に稼働している現場での研修生として働き、週二回職業訓練学校に通うことにより、理論の基礎が構築され、一般的な教育を受けることとになります。

3つの職業訓練プログラムのほかに、Ettlingenでは、機械工学の開発と設計に特化した分野において、KarlsruheにあるBaden-Württemberg 州立大学 (DHBW)での教育の場を提供しています。但し、一般的な高度な入学資格が求められます。

職業訓練プログラム

Jena - ドイツ

毎年Jenaでは、4つの異なる職種に関して2~3人の 若者に職業訓練の機会を提供しています。才能ある若者の発掘は、ファインブランキングにおいて不可欠です。そのため素晴らしい成績を収め、また社内で良好な関係を築いた訓練生には、欠員が発生した仕事の雇用契約で報いられます。

Jenaでの訓練は、従来の二元的教育システムに基づいて提供されています。訓練生は、実践的なスキルをOJT で指導をうけつつ、週1~2回近くの職業訓練校に通います。つまり理論の基礎が構築され、一般的な教育を受けることとになります。Jena(システムパーツ事業部)の教育プログラムは、Ostthüringer Ausbildungsverbund(東 Thuringian トレーニング協会) の会員である欧州社会基金から定期的に助成金を受けています。

職業訓練プログラム

Obertshausen - ドイツ

若い才能を育てることは、Obertshausenの長い伝統となってきました。現在ランゲンの、その地域で最も大きな訓練センターの一つである、Pittler ProRegion Berufsausbildung GmbH で、訓練生たちが、金型製作者、産業機械、そして切削機オペレーターとして基本訓練を修めています。ここで、訓練生たちは、300人もの他の専門分野の訓練生たちと、最初の15か月間、機械加工、原材料等に関する基本的な実際的知識を得ることになります。これら駆け出しの機械およびプラントオペレーターたちは、試験準備のためランゲンに戻るまでに、4か月に及ぶ工場での最初の割り当てを終了しPittler を去っていきます。 訓練生は、また、訓練期間中ずっと定期的に職業訓練高に出席し、理論の基礎および全般的な教育を受けることになります。これにより、訓練生が早い段階から、最新の技術インフラを使いこなすことを可能にするだけでなく、挑戦を幅広い視点から検討する方法をを学ぶことができるようにするのです。結果として、訓練プログラムに2,3年目に当たる、訓練の運用段階にある金型製作者は、オーベルツハウゼンの職場において、すでに貴重な人材となっているのです。

職業訓練プログラム

Ohrdruf -ドイツ

では、毎年、生産管理に必要な金型製作者、切削機オペレーター、そして電子機器技術者の為の幾つかの訓練が用意されています。 Ohrdruf の訓練は、GothaにあるVHS Bildungswerk 学校での座学とファインツールでの年間6週間の実習で構成されています。これにより、訓練生たちは常に最新の実習用機械を使用することができ、また学んだ理論的知識をファインツールでの実習で応用することが可能となります。技能資格を取得できるだけでなく、訓練生は様々な製品や実際の工程に慣れ親しむことができるのです。よって、卒業生は日常業務を始める為の最適な準備ができ、他の業務にも柔軟に対応が可能となるのです。

は、ドイツの労働・社会政策省が実施している特別プログラム「MobiPro-EU」の一環である「UN GRAN PASO(大きな一歩)」プログラムに2015年より参加しています。このプログラムは、職業訓練に関心を持つヨーロッパの若者の職業流動性を促進する様に設計されています。訓練の目的は、若者に職業訓練の機会を紹介し、最終的にファインツールで就業していただくことです。

職業訓練プログラム

 

Cincinnati - アメリカ

アメリカで最初のスイス企業の一つであるファインツールは、1987年にCincinnati で若い高校卒業生を対象にスイス式二重教育システムを基にした金型製作者の為の訓練を始めました。技能資格を取得した金型製作者は、大学の学位を取得できるだけでなく、実践経験も得ることができます。それらの訓練を終えた訓練生の多くは資格を備えた専門家として、ファアインツールに再び迎え入れられます。

「Job shadowing(一日職場体験)」中に関心を持ったGreat Oaks高校の生徒たちは、最初に最終学年中ファインツールで定期的な短期実習科目を修了します。これにより、卒業と同時に契約訓練生として迎えられます。職業訓練中は、夜間と週末にCincinnati州立大学にて、機械工学および金型製作の基本原理について600時間以上もの講義を受けることにより、訓練を見事に修了したことを証する憧れの学位が与えられます。

将来の金型製作者は、Cincinnatiの製造現場で必要とされる実践的スキルを得ることができます。訓練生は、すぐにチームメンバーとしてなじみ、アメリカでは珍しいことですが、訓練生への賃金が支払われます。また、優秀な学生には、授業料もファインツールが負担する制度もあります。 ファインツールは、この教育の仕組みをアメリカにおける第二の工場Nashvilleにも広げています。最初の金型製作者訓練は、2016年に始まっています。

職業訓練プログラム